10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
HOME:小空間オペラTRIADE・はなみがわ風の丘HALL
2000年より85席の小空間においてオペラ公演を続けている。活躍する多くのソリストが出演し、質の高い演奏レベルと定評。間近で体験するソリストの演技演奏の迫力は、他では味わえない特徴を持つ公演。千葉市花見川区の『はなみがわ風の丘HALL』が上演母体となっている。
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
0
    千葉県主催で企業(人)が行う「社会貢献活動」講座が催されます。
    JUGEMテーマ:ニュース
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    風の丘でも、初めて昨年から、企業へ向けて
    我々の活動への参加と、伴う社会貢献へのお誘いを
    千葉市内にある大手企業へメセナ協力を求めてみました。
    しかし、残念なことに、かなりの大手企業でも、メセナの認知度さえなく、
    疑わしい宗教活動?のような、対応をした会社もありました。
    また、
    問い合わせの電話の後、CSR担当部署・担当者へ資料の郵送をさせていただいた後も、
    「NO」にしてもお返事をくださる企業は、ありませんでした。
    何か月も待ったのち、コンタクトを取らせていただくと、
    1社が、活動を評価してくださり、今後の検討としてくださった企業がありました。

    実例を出してしましましたが、
    これは、嘆かわしい結果でも、腹立たしい結果でもありません。

    これが、日本におけるメセナ認知の現状なのです。
    ということは、まだまだ、これから可能性があるということです。

    是非とも、会社の方々へも
    仕事をおこないながらも、スキルアップや、企業の士気の高まりなど、
    多くの精神的な面からも向上利益があることを知っていただきたいと思います。




     ◆ちばコラボ2013「本業に活きる社会貢献活動」

     企業人が仕事のスキルや経験を活かしてボランティアをする『プロボノ』の取り組みが全国的に広がっています。社員のやる気を引き出し、自社の業績アップや地域の活性化を進めるために有効な「プロボノ」についてご紹介します。ぜひご参加ください。

    日時:2013年2月16日(土)13:30〜16:30(13:00開場)
    会場:千葉市ビジネス支援センター会議室1〜3
        (千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる13階)千葉駅徒歩15分、京成千葉中央駅徒歩5分
    対象:社会貢献活動やプロボノに関心のある方、NPOなど
    定員:80名(申し込み先着順)
    参加料:無料
    主催:千葉県
    企画運営:NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

    【プログラム】
       13:30〜15:00 講演「社員を育て やる気を引き出す プロボノとは」
                  竹井善昭さん(株式会社ソーシャルプランニング代表取締役)
       15:10〜16:30 グループディスカッション「あなたができる社会貢献のカタチを見つけよう」
       16:10〜16:30 ワークの成果を共有&講師からのコメント

    【展示】「グッとNPO」見て、話して!
       子育て、高齢者、環境保全、農業、国際交流等の分野で活動するNPOの展示あり。

    お申し込み・お問合せ:NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
     TEL:043-303-1688 FAX:043-303-1689 E-mail:npo-club@par.odn.ne.jp

    お申し込みは「申込みフォーム」、FAX、メールにてお願いします。
     ※個人情報は適切に管理し、本事業に関する連絡・主催者が行う事業のご案内のみに利用させていただきます。

    【講師プロフィール】
    竹井善昭さん(株式会社ソーシャルプランニング代表取締役)
    株式会社 ソーシャルプランニング 代表取締。役東北復興支援プロジェクト「Tohoku Rising」代表理事、ソーシャルビジネス・プランナー。マーケティング・プランナーとして、多数の企業の商品開発、業態開発に関わる。近年は社会貢献に特化し、CSRコンサルティング、ソーシャル・ビジネス・コンサルティングを行う。著書に「社会貢献でメシを食う」(ダイヤモンド社刊)、連載にダイヤモンド・オンライン「『社会貢献』を買う人たち」等多数。
    小空間オペラTRIADE・風の丘HALL mimi | ファンドレイジング | 08:19 | comments(0) | - | pookmark |
    0
      寄付する「権利」を!〜【ほっとけない】を支える仕組みづくり〜 講座より       =ご支援のお願い=
      JUGEMテーマ:日記・一般



      先日受講しましたファンドレイジング講座で、
      京都地域創造基金の深尾さんが示してくださった表をお見せします。

      「気づき」「ほっとけない」から始まり、仲間で取り組み、社会に広げ、
      「社会的認知」へ至る。 
      ここに至れば、早い。行政や自治体が動き、法や制度化されていく。
      世直し。

      私たちは、オペラを通じた社会貢献活動を続けること13年。
      まだまだ、仲間有志を募っている段階。
      この行為がなぜに社会貢献なのかを、そろそろ声を大にして伝えていけるだけの、
      「土台」ができた段階。
      表でいうと、まだ出発点を出て、横ばい あたり。

      つまり、
      拘り続け質の高いオペラを上演しつづけてきたため、業界での認知度が行き渡った。

      実力のあるソリストを応援し、経験機会をつくることにより成長を促しオペラ界への貢献、
      登竜門的な存在、
      プロデュース関係者は、必ずここの起用をチェックしていて、
      近い将来の目星を付ける、
      そんな存在になってきた。

      しかし、この安定的な存在は、まだ業界の中だけの話。
      これを世間へ波紋を与えていかなければならない。

      これからが、今まで以上に
      ご支援をいただいている観客のお客様、
      その口コミによる市民の皆様から、
      多くのご支持をいただけるよう、努力を行ってはいけないと、来年への決意を固めて。。

      どうかご支援をよろしくお願いいたします。



      ☆ご支援の方法はたくさんあります。

      受付のお手伝いからはじまり、DMの準備や、舞台裏方のお手伝い
      (市民ボランティア登録あり)

      実働ができない方は、
      サポーターになっていただいたり(HPをご覧ください)、

      ご寄付をいただく事も出来ます
      (各公演の趣旨別にご用意:例:キッズオペラやファミリー対象公演への寄付)、
      ご寄付に関しては、税制上の優遇があります。*詳しくはHPに掲載。

      あるいは、
      たまに、大澤あてに公演のご感想をいただいたり、叱咤激励をいただくだけでも
      心を支える大きな力になります!!

      風の丘をご支援くださっている皆様の声をできるだけ多く
      いただきたいと思っております。

      皆様のできる範囲で、是非ともお声を上げてくださいますようお願い申し上げます。



      そして、また、オペラの舞台公演で、
      来年もご支援をいただけますようお願い申し上げます。

      また、より親密に、市民交流を促進するために行っています
      【風の丘オペラの森】
      こちらは、顔の見える交流の機会です。
      是非、新しい出会い、オペラの解釈を深めるために、ご活用くださいませ。
      そして、忌憚ないお声を直接大澤へお伝えいただく場としても
      ご利用ください。お待ちしております。(^^)/



      風の丘HALL大澤ミカ

       公式HPはこちらへ
      小空間オペラTRIADE・風の丘HALL mimi | ファンドレイジング | 09:48 | comments(0) | - | pookmark |
      0
        昨日の、ファンドレイジングの講座「だれもができる「寄付」のカタチ・を受講して。
        JUGEMテーマ:日記・一般
         
        NPOをやっている人は「変人」。
        社会のひずみに気づいてしまった人、
        ほっておけなくなっちゃった人。
        変人は「変える人」。
        まさにその通り。
        15年前、放っておけないことが社会にいっぱいで、
        どうしたらいいか、を考えて、それを連結して、
        今の風の丘が生まれた。
        親戚からも変人、と、思われ、
        なかなか受け入れられないこの思い。。
        ...
        社会的弱者という、目に見えて
        直接的に手を差し伸べる形ではないので、
        余計に、だ。
        続けることで、「変える人」になれるのかな・・・?
        企業に初めて今年アプローチしたが、
        彼らにとって、NPOは、「たかりや」、なのだそうだ。
        初めて聞いた衝撃の言葉。でもその通りだ。

        私自身、お役所に文句を言って頼ったって
        もうどうにもならないと思って、
        市民ひとりひとりの力だと、自力で始めたのだ。

        私は、権力が大嫌い。
        でも、周囲で手伝ってくれる人たちのために、
        継続のために、子供たちへの夢をかなえるために、
        舞台芸術のために、
        企業へのメセナを決意したが、
        やはり、そうかぁ、たかりや、だと思われているのだなぁ…
        もう大きな力に頼る時代ではない、初心に戻り、
        「市民の力で、するしかない」、
        これには今まで時間がかかると思っていたが
        ここまでの実績があれば、
        「市民の力をどう結集させるか」に神経を使おう。

        昨日の講師佐藤大吾さんが震災を機に、「明日死ぬかもしれない」と、転機を迎えた。
        私も、いつも「死」を意識して、物事に向かってきた。
        短い命、明日死ぬかもしれない、人生たった一度、
        死を意識すれば、なんだってできる、、と思っている。
        小空間オペラTRIADE・風の丘HALL mimi | ファンドレイジング | 08:02 | comments(0) | - | pookmark |
        1/1PAGES | |